4
横浜共創オープン
イノベーション
フォーラム「横浜SDGs推進協議会の
今後について」

日 時

97
13:30~

(開場13:00)

会 場

横浜メディア
ビジネスセンター1F

「ハーバーズ・
ダイニング」

(中区太田町2-23)

定 員

20
(1社1名まで)

参 加 費

無料

  • 申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • 参加を申し込まれた方には、第3回フォーラムの内容をまとめた資料とフォームアドレスをお送りします。
    資料を参考に「横浜SDGs推進協議会の今後について」について、フォームにご記入の上ご返送いただきます。

横浜メディアビジネス総合研究所

神奈川新聞社とテレビ神奈川、tvkコミュニケーションズは、
新たな事業開発を目的としたコンソーシアム「横浜メディアビジネス総合研究所(YMBL)」を創設しました。
横浜市の政策局共創推進室と連携し、社会的課題解決を見据えた民間企業の新たなビジネスモデル構築を支援します。
横浜市や各種民間企業が専門性を連携させるネットワーク型シンクタンクです。

テーマ「横浜SDGs推進協議会の今後について」

4月27日には、横浜市の共創の取組について、横浜におけるCSVの事例紹介、横浜型のCSVの創出にむけたパネルディスカッション、といったプログラムで第1回目のフォーラムを開催しました。
6月22日には、横浜市温暖化対策統括本部より「SDGs未来都市・横浜への挑戦」同じく横浜市経済局より「ヨコハマ・イノベーターズ・コミュニティ構想について」というテーマでお話しいただきました。
先日8月10日のフォーラムでは、ワークショップ形式にて「SGDsデザインセンターに求められる機能とは?」など複数のテーマについて議論の場を設けました。

今回は「SDGsデザインセンターのあるべき姿とは」と題して、横浜市温暖化対策統括本部が推し進める「SDGsデザインセンター」の機能や果たすべき役割について、より具体的に考える場とします。
過去3回に渡って開催してきたフォーラムの、これまでの集大成の位置づけとなります。

なお、今回のフォーラムでいただいたご意見は、YMBLが取りまとめ横浜市と共有します。

参加申し込み

申し込みは締め切りました

事務局/問い合わせ

横浜メディアビジネス総合研究所(神奈川新聞社クロスメディア営業局企画推進室内)
担当:椿、遠藤
TEL:045-227-0806(平日10時〜18時) メールアドレス:kyoso@ymbl.yokohama

主催:横浜メディアビジネス総合研究所 /
共催:横浜市政策局

© 2018 横浜メディアビジネス総合研究所